注文住宅を建てることにしました!

注文住宅を建てることにしたんです。
一戸建ての家が好きなので、マンションはハナから論外だったんですが、
注文住宅にするか建売住宅にするかは、ずいぶん迷いました。

 

実際建売住宅も、いくつか見てみたんですが、やはりどうも、ピンと来ないんですよね。

 

住宅を買うとなれば、そこに10年や20年は住むことになるわけです。
そうである以上、やはり自分たちの生活パターンに本当に合った、
自分が気に入る家に住みたいなと思うようになり、
注文住宅を建てることに決めました。

 

まずは家のイメージ作りから

 

 

注文住宅を建てるとなれば、住宅展示場を見に行くことになるわけですが、
実はすでに注文住宅を建てた先輩から、注意点を聞いていたんです。

 

それは、
「イメージが固まらない段階で住宅展示場へ行くと、かえって混乱してしまうよ・・・」
ということ。
住宅展示場には様々なタイプの家があり、さらに営業マンも熱心に話しかけてくるので、
自分なりのイメージが固まらないうちに行ってしまうと、あれやこれやの選択肢で
ますますどんな家が建てたいかが分からなくなり、
何も決められないで終わってしまうと言うんですね。

 

そこでまずは、家内と娘と、「どんな家が建てたいか」について、
徹底的に話し合いました。

 

私の希望は、まずは「落ち着いた書斎がある」ことでした。
それから2階へ上る階段は、リビングにあるリビング階段がいいと思いました。
それぞれ形だ個室に篭ってしまうようになると、家族がバラバラになってしまいかねませんからね

 

家内の希望は、やはり何と言ってもキッチンが広々として使いやすいこと、
キッチンとリビングはオープンになっていること、
さらに趣味の園芸を思う存分出来る部屋がほしいとのことでした。

 

娘は風呂が好きなので、「風呂が広々としているのがいい」というのが希望でした。

 

これらの希望は、ただ話し合っただけでなく、紙に箇条書きにするようにしました。
こうしておけば、住宅展示場へ行った時、営業マンに見せるだけで、
自分たちの希望をすぐに伝えることができるようになります。

 

ハウスメーカーも絞り込んでおく

 

さらに私たちは、ハウスメーカーも絞り込んでおくことにしました。
住宅展示場へ行くと、いくつものハウスメーカーがモデルハウスを展示しています。

 

でも先輩に聞いてみると、
「1日に回れるモデルハウスは3棟くらいが限界」
とのことなんですね。
ですから行き当たりばったりモデルハウスに入ってしまうと、
本当に見たいものを見られずに一日が終わってしまうこともあるのだとか・・・。

 

そこでネットを調べて、様々なハウスメーカーのホームページを見ました。
そうして、私達の希望が叶いそうなのはこのメーカーかな、というのを1〜2社絞り込み、
いよいよ住宅展示場へ向かうこととなりました。