大変ではあるけれど楽しい設計

さて住宅展示場を見て、自分たちが建てたい家のイメージが大まかに固まった所で、
いよいよ設計に入るわけです。

 

これはやはり、それなりに大変な作業でしたね。
けっこうな時間と労力がかかり、普通どおりの生活をしながらのことですから、
「建売を買っていればこんなことをする必要はなかったのに」
とも思わなくもありませんでしたが、しかしもちろん、楽しみでもありますから頑張りました。

 

まずは徹底的に打ち合わせ

 

注文住宅を設計するには、まずは担当者と徹底的に打ち合わせするところから始まります。
まずは実際に設計図書を作成する前に、できる限り自分の希望を伝えておかなくてはいけません。

 

しかしこれが、予算との兼ね合いになりますので、難しいことなんですよね。
すでに家を建てた先輩からは、
「なんでも希望を盛り込んでしまうと、確実に予算オーバーするよ」
と言われていましたので、価格表を見ながらの検討が続きます。

 

 

設計書は細かく確認

 

さて打ち合わせのあと、いよいよ設計に入り、設計図書が届けられます。
私は建築の専門家ではありませんので、建築図面など見たことはないわけですが、
ここでOKしたものが、実際に建設されてしまうことになるわけですから、
慎重に検討しなくてはなりません。

 

先輩からは、
「細かい寸法まで見ないとダメだ」
と言われていました。

 

使いやすい家というのは、通路やドアの位置、キッチンの奥行きなどの、
細かい寸法によって決まってくるとのこと。
「大雑把に見ていたのではダメだよ」
と念を押されていました。

 

そこで会社から帰ってきて、家内と一緒に設計図書に首っ引きになり、
細かい寸法まで一つ一つチェックしました。
またもちろん、建築資材などについても自分なりに勉強し、
設計を何度か修正してもらった末、最終的にOKしました。